研究概要

私たちの研究室では、からだの恒常性を維持する仕組みを理解することを目標に、シグナル伝達や代謝調節をキーワードとして代謝・がん・免疫などの生命科学研究に取り組んでいます。これまでの研究において、鉄代謝におけるユビキチンネットワーク [Cell Metab. (2011)] やHippo細胞内シグナル伝達経路の制御機構 [Genes Dev. (2015)] および細胞外小胞を介した免疫応答の制御機序 [Cell (2016)] などを明らかにしてきました。これらの基礎医学研究によって得られた知見をもとに、未来医療の礎を築くような革新的治療法の開発をめざしています。

鉄代謝


鉄代謝恒常性の破綻は個体発生や組織の生理機能に異常を引き起こします。

Hippo経路


Hippo経路は多彩な生命現象に関わりますが、その全貌は未だ謎のままです。

がん免疫


宿主のがんに対する免疫応答は、がん細胞と腫瘍微小環境の相互作用により制御されます。


熊本大学 大学院生命科学研究部

総合医薬科学部門 代謝・循環医学分野

シグナル・代謝医学講座

 

〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1

(受付) TEL: 096-373-5173

FAX: 096-373-5406

E-MAIL: moroishi [at] kumamoto-u.ac.jp

Department of Cell Signaling and Metabolic Medicine

Faculty of Life Sciences, Kumamoto University

 

1-1-1 Honjo, Chuo-ku, Kumamoto,

Kumamoto 860-8556, JAPAN

(Desk) TEL: +81-96-373-5173

FAX: +81-96-373-5406
E-MAIL: moroishi [at] kumamoto-u.ac.jp